【うつ病の人たちへ*その3】うつ病の改善方法とまとめ!

うつ病についての解説、対策、そしてまとめです!

前回の記事を読んでいない方はこちらからどうぞ↓

【うつ病の人たちへ*その1】うつ病かもしれないチェック項目や改善方法☆

【うつ病の人たちへ*その2】うつ病の改善方法☆

人にたくさん頼ること!

うつ病を治すにはとにかく我がままになること、人にたくさん話すこと、人にたくさん頼ること!

今の治療法では人に頼ってはいけないといいます。でも俺の経験上、人に頼ってはいけないのは間違っている!逆に人に頼ることによって治ると思った。頼る人がいないからうつ病になる。

頼る人がいない中でどうやって治るの?精神病棟に入れられて、タバコふかして、精神安定剤を飲んで、頼る人がいなくてひとりで自分がどうなっているのか客観的にみつめられず、「訳分からないな」と思いながら何年も病院で暮らす?

人に頼り、人にたくさん話すことで、自分を客観的に冷静に見つめることができる。そうすることでうつ病が改善していく。そして、我がままを言うこと。さらには「働かないこと」、働くのではなく、本人が動きたいと思うようになったら、まず鏡の前で「あいうえお」「かきくけこ」の練習をする。自分の表情を見ながら「おはよう」「こんにちは」と独り言をいう。鏡の中の頼りない自分に向かって、「お前怖いよ!」とか。この方法は自分が自分を治すやりかた。

一番良いのは、私たちがやろうとしている自然の中の村で働くこと。働くのは強制じゃないよ。花をつんでくること、散歩すること、私たちが一歩行動することは全部なにか働くことになる。今の世の中とは働く概念が根本的に違う。なんでも金儲けをしないと働いてないと思っている人がいたら大きな間違い。金は紙切れ。

それこそ食べていくのに大切なのは食べるもの。自然の中にあるレモンを採ってきたり、野草を採ってきたり、これも立派にお金にしていることになる。鳥にえさをやって、鳥が卵を産んでくれたら、卵代を自分で稼いでいることになる。

もう一度「お金を稼ぐとはどういうことなのか」ということも現代人は考えないといけません。頭のいいふりをしないこと!もう一度子供に戻りなさい!お金の原理も分からないのに、いっちょ前に大人の顔をしたらいけない。国会議員もです。

お金は国が発行すれば良い訳で、どうして株式会社が発行するのか。そういう当たり前のことを勉強しましょう。俺は還暦きたらもう怖いものなし。いくらでも言えるようになった。やっと俺は間違えてないと確信した。世の中みんな嘘ばっかりだったんだ。うつ病の人がこの記事を読んでくれたらうれしい。

本当に世の中をよくしたくて「禁煙しなさい」というのであれば、今の文明はお金はもう要らない。無料で生きていける世の中がすでに出来上がっている。物も食べ物も捨てるほど溢れているし。でもこの世の中、嘘をついている人にまんまとみんな騙されているだけ。でも、うつ病の人は違和感を感じて、騙されていない人が多いだろうから「よかったね」「あなたたちが普通なんだ」と言ってあげたい。

こんなおかしな世の中でうつ病にならないほうがおかしい。うつ病にならない人は真面目ではないし、適当に生きていて何も考えない。

うつ病の人は褒められたことないでしょう。俺はおおいに褒めてあげたい「よく頑張ってるよね」と。うつ病の人は真面目だし。今の時代は「頑張ってるね」と言ったらいけないというでしょう?俺はそうは思わない。

世の中に対して心が反発している表れがうつ病という形ででてくる。それをうつ病の人に気づかせないように「あなたは病気だ」と言われる。

うつ病の人、メッセージどんどん下さい。おっちゃんが答えます。うつ病万歳!

うつ病の改善法のまとめ

☆人が多いところへ行くのは避け、なるべく自然の中で過ごしましょう。できれば日本や海外の田舎へ引越すとベスト!

☆言われたら言い返す!人のいうこと聞かない!わがままを大いに言う。言われっぱなしで、自分の心に溜め込むのはNG!

☆辛くても子供の頃の過去のトラウマを再認識する!大変だった自分を認識してあげると心が軽くなる!

☆な~んとなく適当に!我がままに、好き勝手に生きる!

☆海や山に向かって思いっきり言いたいことを叫ぶ!

☆人にたくさん話し、たくさん頼ること!

☆鏡の前で「あいうえお」「おはよう」「こんにちは」などの独り言を言う。自分の表情を観察する。

ふくろうの知恵袋
著者プロフ⇒ふくろうの知恵袋