パラグアイ

*【南米パラグアイ】生活情報*

産前産後に気を付けたいこと☆

マリです。 一人目が帝王切開だったので2017年に産まれた二人目も帝王切開となりましたが、驚いたことに今回は産後の回復が早かったのです。 まず、第一子第二子共に妊娠中にヨガやストレッチは欠かさなかったのですが、第二子目では産前産後のホメオパシーのケアをしました。 ホメオパシーは受講し勉強されて資格をとるのもいいのですが、とらなくても誰でも独学で勉強してどんどん使っていけるようになっています。
*【南米パラグアイ】生活情報*

今だから話せるパラグアイでの波乱の出産体験!

まりです。 パラグアイで出産してから数年が経ちました。 その時の我が子たちの出産について書きたいと思います。 苦労するの分かっていて、なんでわざわざパラグアイで産むのか? って聞かれそうですが、日本も今後どうなるか分からないですし、日本とパラグアイの二重国籍を子供が持っていれば、20歳になったらどちらか選ばないといけないのですが、のちのち役に立つと思ったからです。
*新天地開拓日記*

発電機のススメ!

マリです。 ついに我が家に発電機を導入しました。 今年も何回か大きな停電があって、大嵐や大雨が降ると、必ずと言っていいほど停電します。 長くて1週間電気なかったこともあり、その時は冷凍庫の保存食すべてがぱぁー…になりました。 そんなに買い出しには行けないので、お魚や収穫した野菜をたくさん冷凍しておきます。
*【南米パラグアイ】生活情報*

ホーミーに目覚めた日本人男性は、うちに来て更なる魂の目覚めが加速【幸福度up】

マリです!(あとからふくろうさんも出てきます) 「ホーミーの練習がしたい」 そう言って、約2ヶ月近く我が家へ滞在していった20代の日本人男性。 何年も世界中を旅してきて、バスジャックに合ったり、様々な貴重な経験をして、今までの価値観・常識の崩壊を経験しています。
*【南米パラグアイ】生活情報*

【南米パラグアイ】家の借り方と注意点!

南米パラグアイへ移住したマリです! 「そもそもパラグアイの家賃の価格っていくらくらいなんだろう?」 私の借家暮らしの体験などを交えて、書いていきます。
*【南米パラグアイ】生活情報*

一応地元では有名な(!?)滝へ観光に行ってきたよ(マンデラ体験旅になってしまった)

マリです。 泊まりの人が増えてきて、今日は皆で滝で有名な場所に行ってきました。 我が家はその滝へ向かう道の入り口付近にあって、奥へは未だに途中までしか行ったことがありません。 一応近隣では有名な観光地になっていたようで、土日になると車やツーリング、小型バスが我が家の前をぶっ飛ばして行く姿を目撃します。
*【南米パラグアイ】生活情報*

【南米パラグアイの土地購入方法③】現地の土地の見方・柵など☆

前回に引き続き、今回も土地の購入方法をお伝えしていきます☆
*【南米パラグアイ】生活情報*

【南米パラグアイでの土地購入方法②】現地の土地の見方・電気編☆

電気は場所によってはかなりお金もかかるし、電力会社の人と絡まざるをえませんが、電力会社に勤めている人の中でも、詐欺師もいるので水道よりも面倒で結構大変です。
*【南米パラグアイ】生活情報*

【南米パラグアイでの土地購入方法①】田舎の土地の探し方☆

南米パラグアイへ移住したマリです!パラグアイに移住した最初の5年間は、ずっと借家暮らしをしていました。土地探しは一筋縄ではいかず、わたしの場合は22件目にして、やっと購入できました。都市部ではなく、主にパラグアイの田舎の土地購入の方法について書きます。都市部とは感覚も値段も、土地の探し方も違うと思います。
*【南米パラグアイ】生活情報*

納豆菌なしで納豆の作り方☆

南米パラグアイへ移住して早6年。。。移住当初は納豆を販売している日系人から購入したこともありました。小さいカップで確か8000G(160円くらい)しました。田舎生活から考えると、高い部類なんです。毎日納豆を食べたいわたしは、手作り納豆に挑戦しました。