パラグアイ

*【南米パラグアイ】生活情報*

【南米パラグアイの土地購入方法③】現地の土地の見方・柵など☆

前回に引き続き、今回も土地の購入方法をお伝えしていきます☆
*【南米パラグアイ】生活情報*

【南米パラグアイでの土地購入方法②】現地の土地の見方・電気編☆

電気は場所によってはかなりお金もかかるし、電力会社の人と絡まざるをえませんが、電力会社に勤めている人の中でも、詐欺師もいるので水道よりも面倒で結構大変です。
*【南米パラグアイ】生活情報*

【南米パラグアイでの土地購入方法①】田舎の土地の探し方☆

南米パラグアイへ移住したマリです!パラグアイに移住した最初の5年間は、ずっと借家暮らしをしていました。土地探しは一筋縄ではいかず、わたしの場合は22件目にして、やっと購入できました。都市部ではなく、主にパラグアイの田舎の土地購入の方法について書きます。都市部とは感覚も値段も、土地の探し方も違うと思います。
*【南米パラグアイ】生活情報*

納豆菌なしで納豆の作り方☆

南米パラグアイへ移住して早6年。。。移住当初は納豆を販売している日系人から購入したこともありました。小さいカップで確か8000G(160円くらい)しました。田舎生活から考えると、高い部類なんです。毎日納豆を食べたいわたしは、手作り納豆に挑戦しました。
*【南米パラグアイ】生活情報*

【南米パラグアイ生活】銃を購入したょ♪

南米パラグアイへ移住したマリです!南米パラグアイは銃所持のライセンスを取得すれば、銃の購入が認められます☆田舎町からすこし離れたところに土地を買って、家を建てたので、あとはもう自衛するしかありません♪南米=危険地帯!?のイメージが多いと思いますが、地域によって、危険であったり平和であったりします。基本的にここらへんは安全地帯だと言われていますが(他の国や地域よりも断然平和です~)、外国人は相変わらずパラグアイ人からなめられている感じがあるので、外国人にとっては安全な場所なんてないですね。
*【南米パラグアイ】生活情報*

【南米パラグアイでの仕事探し!】移住して仕事はみつかるのか?

はい。このタイトルに惹かれて記事を見に来た人は、残念ですが認識を変えたほうがいいです。多く質問されるのが、この「パラグアイでどこか仕事はありますか?」という内容。簡潔に書くと、「ない」と思っておいたほうがいいです。日本から直接移住してくる人で、多いのが「どこかに勤めよう」とする気持ち。まず、スペイン語できますか?
*【南米パラグアイ】生活情報*

パラグアイに移住して超がっかりしたこと18選もあったよ!!

南米パラグアイへ移住したマリです!今回はパラグアイ移住して超がっかりしたことを書きます。どこの国もそうだと思うのですが、短期の観光旅行で来ただけでは、「いいとこだった~」と、現地の現状がわかりにくい。 海外旅行することによってストレス発散にはなるだろうけれど。やっぱり住んでじっくり内情をみていかないとわからないよね。あくまで個人的に感じたこと&体験したことを勝手に書いているだけなので、賛否両論NGです。
ふくろうさんとマリのふたりごと

世の中は犬を可愛がる時代から猫の時代へ突入した!

南米パラグアイへ移住したマリです! 猫は不思議な生き物ですよね。 巷では、「猫は他の星から送られてきた偵察隊」なんてことも言われています。 わたしと娘は犬も好きだけれど、どちらかというと猫派。
不思議体験

太陽の位置が大幅にずれる

南米パラグアイへ移住したマリです!旦那もわたしも、太陽の位置を観察するのが日課になってきました。とくに近年おかしな感じになってきています。その土地によって時空が変わるからなのでは?と以前に旦那が言っていました。今から思いだすと2015年頃は、毎日日の当たり方が変わっていました。
*海外で生きる日本人*

我が村へ導かれたSさん。世界を旅する猫。

パラグアイへ移住したマリです。うちの村に人が増えました☆年金暮らしの日本人男性Sさん。最初はブラジルに移住して長く住み、その後パラグアイでは数年間住んでいました。彼がパラグアイに住んでいたときの数年前、借家暮らしだった我が家へ突然、弁護士をしている好青年のパラグアイ人と一緒に訪ねて来られました。