数学の疑問。マイナスってほんとうに存在するのだろうか?

ふくろうの知恵袋のひとりごと
ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

マリ、2-(-2)はいくつになる?

マリ
マリ

確か、マイナスとマイナスをかけるとプラスになるんだから、4だよね。

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

じゃあ、りんごが2個あって、マイナスのりんご2個を引いたらいくつになる?

マリ
マリ

マイナスのりんご・・・?マイナスのりんごって存在しないよね。

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

マイナスのものって、世の中にないんだよ。

マリ
マリ

確かに、、、マイナスのものってないし、こういう問題って出題されないよね?

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

出題しちゃうと、成り立たないから絶対に出さないんだよ。

俺は、マイナスって小学生の頃からずっと、どんなに考えてもないはず、なんかおかしいんだよな、っていつも思っていたんだよ。

マリ
マリ

温度のマイナスは?

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

温度計のマイナスは、液体から固体へ変わる温度を0として、0よりも低い温度をマイナスと、人間が勝手に定めたんだよね。

液体から気体へ変わる温度は100度なんだけれど、そこを0として基準にしてもいいはず。

マリ
マリ

確かに。。。

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

それに、液体や固体は学校でよく習うけれど、気体に関してはあまり印象がないはず。

マリ
マリ

うん。気体は水が蒸発するんだな~程度にしか印象にないな。

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

気体に関して、学校であまり習わないということは、学校で習ったことや世間の常識と反対に考えることが正解のことが多いから、気体は我々にとって結構重要ということになってくる。

マリ
マリ

そうなんだー。

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

数学や算数は、ある定理が一部分の条件下にしか通用しないとか、そういう制限って多いと思うんだけれど、数学全体にとってどれにも当てはまる普遍の定理でないとならない。

俺は、本来の数学ってそういうものだと思ってる。

例えば、俺の親父は尋常小学校3年生までしか行ってなくて、文化遺産になる建物を建てたんだよ。

家具や家を作っていたんだけれど、親父は「尺を使わないと、家は建たないし、家具はできない。

タンスの引き出しを作るなんたら、尺じゃないとピタっとはまらないんだよ。」ってよく言ってたっけな~。

マリ
マリ

センチじゃだめなの?

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

センチを使うと、家がゆがんだり、家具がきれいに作れないみたいだよ。

試しにセンチで90cmを計って木を切ってみると、翌日には91cmになっていたり、89.5cmになっていたりして、木は膨らんだり縮んだりするみたい。

親父は木は生きてるから尺で切らないと綺麗に作れないって言ってた。

「あの建物のこの部分はどうやってやったのですか?」と、よく聞かれたそうなんだけれど、「みんな学校に行って頭が良くなるから、分からないんだ!」って言ってたよ。

マリ
マリ

そういえば、着物はまだ尺を使ってるよね?

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

そうだね。

着物は人の腕の長さを何寸か計って、その幅で反物をつくるんだ。

その反物から裁断して縫い合わせていくと、腕の長さがぴったりなだけでなく、体の幅などもぴったりいくんだ。

身長を測るんじゃないんだよ。

なぜか人の腕の長さを測るとぴったりした着物になり、高さは腰でいくらでも調節がきく。

マリ
マリ

なるほど。

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

着物を作っている人が言っていたんだけれど、試しに尺からセンチの長さに変えて、着物をセンチで測って裁断して、縫い合わせてみたそうなんだけれど、「着物がつってくる!」「柄がどうしても合わない!」そうだよ。

だから、尺で測って裁断したものでないと、なぜか上手くいかないらしい。

マリ
マリ

試しに尺を買ってみて、洋服を作るときに使ってみようかな。

自分にしっくりくるものが出来上がるのかな?おもしろいね。

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

昔使われていたものは、現代のものよりもすばらしいものがたくさんあるんだよね。

現代の方が、文明としては劣ってきてるんじゃないのかな。

よく「現代科学が発達してすごい時代になってきた」って言うけれど、俺からしたらちっともすごくないし、未だに100年間ロケットはあのままの形だし、むしろ文明は劣ってきて人間たちのレベルは低下してきてる。

円盤型とか、葉巻型UFOとか、宇宙人のものもあるし、地球の人間も作ってると思うよ。

できてないわけないじゃん。

100年以上ロケット型っていうほうがおかしい。

マリ
マリ

試しに尺を買ってみて、洋服を作るときに使ってみようかな。

自分にしっくりくるものが出来上がるのかな?おもしろいね。

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

今の日本では尺はあまり使われなくなったよな。

人間のレベルを下げるために、センチを推し進めてきたんじゃないかな。

マリ
マリ

学校教育によって、自分でものを考えられなくなってるよね。

わたしみたいに、応用がきかないっていうか、新らしい発想が生まれないっていうか。

ふくろうの知恵袋は、新らしい発想を生みだすのが得意だよね。わたし、すごいなと思うよ。

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

小学生のときから、先生に「おかしいものはおかしい!」と、はっきり言って延々と議論してきたから、反骨精神で洗脳されなかったんだろうね。

マリ
マリ

わたしは中学時代はめちゃくちゃだったけれど、高校生くらいになってから学校に負けたね。

「あぁ、そうですか。勉強してりゃあ誰も文句ないんでしょ。」って感じで大人しくなっちゃった。

そのへんから、うつ病の兆しがでてきたんだと思うよ。

たぶんきっかけは高校生の頃。完全なる敗北。

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

話を戻すけれど、人間が生活していくうえで、足し算・掛け算・割り算ができて、それ以外何か使う?2-(-2)なんて実生活で使う?

使わんでしょ?こんな役に立たないことばかりを人間の頭の中に詰め込んで、人間を馬鹿にさせていっているだけでしょ?

自分の頭で何も考えられない人間になっていくよ。

マリ
マリ

確かにね。応用がきかないっていうのは、自分の頭で考えられないんだよね。大学までいっちゃったから、わたしもそうなんだけれど。

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

新らしい発想を生み出すには、今までの常識とか、学校で習ったことが邪魔をするから、なるべくそれを取っ払う訓練をすることからはじまる。

そうすると、新らしい発想が湧いてくるんだよ。

マリ
マリ

なかなか今まで習ったことを取っ払うことって、難しい。

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

そうだよ。

俺でもなかなか難しくて嫌になるときがある。とにかく、ほんとうの数学ってこんなもんじゃない。

俺的には1から9の順番ではなく、9から1の順番が正しいんだと思う。ロケット発射で3,2,1,0,,,発射!って言うでしょう?

あれは正しいと思う。

13は不吉だっていうけれど、13は逆にすごいパワーがあっていい数字なんだよ。13日が誕生日の人は結構神に選ばれたっていうか、すごい人に多いね。

逆にラッキー7って言うけれど、7は一番不吉な数字。4は死だから良くないと言うが、4も結構良い数字なんだよ。

そうそう、最近アイパッドをひらくと、時計の数字が1212、2222、1111、333、444、とか、やたらとぞろ目をみるんだよ。

なんでかな?と思って数字の意味をマリに調べてもらったでしょ?

数字にはそれぞれパワーがあって、数字も言葉。数字を正しく理解できるものは、なんでもできる。

ほんとうの数学を子たちに教えたいな。

マリ
マリ

わたしも日本に居た時はよくぞろ目を見ていたんだけれど、改めてぞろ目を調べてみると、とにかくわたしたちの方向性は間違ってないし、神様に愛されまくってる証拠みたいだよ。

家の中で、白いエネルギー体がちらちら動くのを見るし。

誰かがわたしたちをサポートしてくれているみたいだよ。

ふくろうの知恵袋
ふくろうの知恵袋

最近は次元上昇中のせいか、次元の低い幽霊は見ないね。

むしろ、次元の高いエネルギー体とか、背の高い宇宙人みたいな人とか、そんなのがちらちらみえる。

とにかく、学校で習う数学は間違ってる。

ほんとうの数学とは何か?数字の意味とは何か?をこれからは追求して行くべきだと思う。

そして、俺たちはひとりひとり皆神様で、ほんとうはなんでも知っている。それを思いだす作業をしよう。

あんたなんて、俺なんかより次元が高い人間なんだから、パワーがあるし、できること多いんだぜ?

マリ
マリ

自覚がなくてすみません。早急に思い出します!