自然農・無農薬の知恵①

自然農・無農薬の知恵

ふくろうの知恵袋ツイッターまとめ

☆無農薬・自然農をしたい人たちへ

○アブラムシ対策には、コーヒー液(インスタントでも可)に3%の天然石鹸を溶かして、スプレーボトルにいれて何回かかけてみて。効くから。

○土の中はプラスのものが多くなってしまう。だから マイナスのものを入れるといいんだよ。

○畑に灰、落ち葉(カルシウムが入る)入れる。音楽(ソルフェジオ周波数)を聞かせる。

○水をためて入れたいもの(肥料とか)を紙に書いて容器に貼っておく。翌日その水を植物にかける。この方法は長野のりんご農園で実施されている。

○畑に毎日「おはよう。今日もありがとう」を言ってあげる。とくに家族の主が言ってあげると、植物たちは喜ぶ。

○植物の間に、50cm間隔で穴をあけておく。土の中に空気を入れるため。

○アスパラは3回植え替えると、何十年も収穫できるよ。

○畑は綺麗に耕さない。深さ10cm以上は耕さない。深さ10cmの中で微生物が活性化しやすいから。耕すというのは基本的に「空気を入れること」だから、見た目がぼこぼこでもいい。この農法は沖縄南部の農法だよ。

○豆類を植えると根粒菌がいっぱい増える。その後に作物を植えたほうがよくできるよ。豆類は土の窒素リン酸カリのバランスをとってくれる役割。だから豆はできてもできなくてもどっちでもいい。いつも植えておくといいよ。

○トマトは寝かせるように斜めに植えると、沢山根が出てくるがらよく育つよ。

○ほうれん草を立派に作れれば一人前! そこはバランスの良い土ということ。

○トマトの種類でおススメなのは、カネコ種苗の在来種。昔のトマトの味が出てて 俺的には美味しいと思うよ。

○水に天然の本物塩を5%位溶かして植物にかけると、葉がピカピカしてよく育つ。 ミネラル豊富で作物が甘くやわらかな味になる。トマトに対しては一番効果あるよ。

○野菜における病気と言われるものは実際はほとんどなくて、それは何か足りない欠乏症ですよ。

○動物性の堆肥を無農薬・自然栽培で使うのはNG。家畜はワクチンなど沢山打たされているし、何入ってるか分からない飼料を食べさせられているから。

○ハッカ油を棒か何かに塗って、畑で等間隔に置くと虫除けになる。虫は角に集まる性質があるから角に置くと効果的。