コロナとマンデラの関連性。

ふくろうの知恵袋のひとりごと

ふくろうです。

マンデラとは目覚めたことを言うわけだ。

今は悪の力が強いから、この様な世の中になっている。これからは我々がこの世の中を変えていけばいいだけ。それだけの話です。

じゃあ、どうやってやるの?

仕組みを理解すればいいんだよ。決して我々はひ弱なレベルの低い生き物ではなかった。我々はこの宇宙を創造した創造神、そのものだったんだという事を自覚する事。それだけの話だ。

それなら、自ずとやる事は分かるはず。恐れてはいけない。我々を恐れているのであって、我々が恐れる理由はどこにも見当たらない。

創造しなさい。本当の世の姿を。我々はできるんですよ。信じなさい自分を。

 

今回のコロナとマンデラ。

このコロナ騒ぎが起きる事自体がすでにマンデラしているのだよ。

世界各国同時にロックダウンするなんてありえない。ありえない事が世界で起きている。そして、ありえないマンデラ(山、大陸、街、木、人が変わったり、出現したり、移動したりする)が起きている。

マンデラって騒ぎだしたのも、コロナで騒ぎ出した時と同時期。

今このブログを読んでいる方々は、多分「コロナは嘘で支配層が何かの意図をもってやっているのだろう」っていうことを気づいている人たちだと信じている。

そして、マンデラを体験する人が少しずつ増えている。すなわち、目覚めた人たちが増えているという事だ。

この目覚めた人たちは、なぜ今このタイミングで目覚めるのだろうか?

それは一人でも多くの人たちを救おうとしているからだろう。どう常識的に考えてもコロナやマスクはあり得ない出来事。

また、Qの存在もどうも微妙であるように思う。

我々はマンデラのど真ん中にいるのだろう。マンデラとは気づかせるというより、目覚めると世の中の仕組みが分かる為、当然毎日変化し起きている物事や出来事を目の当たりにすることになる。

これがマンデラだろう。だから、マンデラ現象にこだわるのは的外れになる。

我々は集団の救世主かもしれないよ。一人でも救ってあげようよ。

 

「今が4月なわけないじゃん!」

ってマリと2人で話していると、マリいわく「このカレンダーと時計が邪魔なんだよね。カレンダーと時計でみんな同じ日付で同じ時間を生きているって思わされているだけなんだよね」と。

確かに。浦島太郎は竜宮城で過ごして戻ってきたら何年も経っていたって話。これだよ。玉手箱を開けたらおじいさんになってしまうんだよね。

今なら、これがどういう事かみんな分かるよね?面白いよね。

きっと我々の年齢は嘘なんだろうね。時間も嘘。

やっとそれに気づけるときがきたんだよ。よかったよね。でも、周り見てごらん。全然気づいていない人たくさんいるでしょう?

だから、我々がやらないといけないんだよ。一人でやるんじゃないんだよ。皆が救世主なんだよ。

我々は自分自身から揺らいではいけない。我々が揺らいだら、助ける事ができないよ。

誰も偉いわけでもない。みんな一緒、みんな一つなんだよね。

一人でも多くの人を目覚めさせてあげようよ。それが、今のこのドラマを変えることになる。そして、次元上昇と言うのなら、もうすでに我々は目覚めた時点で上昇中だよ。今も上昇中なのさ。

宇宙で初めての事なんだから、誰にも分からないんだよ。これからどうなるのか、誰にも分からない。

どうする?皆さん。困ったね。責任重大でさ。さぁがんばろーね。

 

またまた眠~い現象が始まってきているんじゃない?

マリさんは24時間寝ていたいって言っているよ。また波動の上昇が強くなっているんだろうね。眠い事はいい事だったんだね。

グズと言われたあなたたちの時代が来ていますよ~。グズではなく、「次元上昇しているんだ!」と胸を張って生きてください。

本当に生きているのかどうかも分からないですけどね。死ぬって何?

ハッハッハー、迷える子羊たちよ!また考え給え!

願い給え!

先は給え~!