@koganemushiwa(ふくろうさん)のツイートまとめ12

@koganemushiwa(ふくさん)ツイートまとめ。

☆彡

久しぶりに7色に発光していて、時々紫や緑のビームを出して、ゆらゆらゆれている星が一つだけみたなぁ。 前は5つはあったんだけどなぁ。 星もごめんなさい。一応出ま~す!状態。 天の川なんて途中から90度にカーブ。 きっと星が見えないのは、パラグアイのこんなド田舎にも公害があるからだろう?

天の川も90度に曲がっているのは始めからそうだよって言うんだろうな。 太陽がピンクに光ってもピンクの太陽があるんやでぇーって言うんだろうな。 月が西から東へ移動して途中でまた西に戻ってきても、天文学では、、、とか、量子の世界(これちょっと違うから)ではきっとありなんだろう。

もしくはお得意の気のせいだよ。 あんた、精神病院行ったら?って言われるんだろうな。

☆彡

パラグアイ、今日の直射日光48,5度。 トマトの遮光ネット(薄型)44度。 子供達のプールの遮光ネット(厚手)41度。 日陰下38度。 家の中32度。 植物と子供はすごい。 この暑さに耐えている。 大人2人はだる~ん。 それで私はホットブラックコーヒーです。

☆彡

今、我々は大きな袋から個として抜け出ようとしているのだろうか。 釈迦とサタンのまだ2者しか抜け出る事をしなかったけれど。 我々の内の一部がそれに続こうとしているのだろうか。 いわば、独立なのか。

この大きな袋の内は集合無意識が影響したが、大きな袋を抜け出た個は、その集合無意識に影響されることなく、その個の意識の実で全く新しい宇宙を創造するということか? それなら、個が今度は本当の絶対神、唯一神になるということなのか? 誰にも分からないことだ。 今は愛などは関係なく、調和をする必要はない。 己と向き合えばいいだけだから。

しかし、大きな袋から独立した個になり、一つ一つの宇宙を創造していくなら、そこで初めてこの調和と愛が必要になってくるんだろう。 今なぜ必要のない愛だの調和だの言うのだろうと思ったら、次の独立した時の予備練習なのかもしれない。 今は縁で繋がった世界なのだから。

愛と調和を叫んだということは、大きな袋からの独立宣言なのかもしれないな。

☆彡

波長域が違う者同士が話しても、口パクしているようにしか見えないもんさ。 理解が出来ないんだ。頭が良い悪いではない。 お釈迦様は誰に教えてもらったわけではない。大きな袋の中を理解しだしただけ。 なぜ分かったのか? 波長が軽くなったからだよ。 ただそれだけのこと。

聖人でも何でもありません。 お釈迦様は我々だっただけです。 そして今は大きな袋を飛び出した第一人者と所でしょう。 二番目はサタンだよ。 最近はどうも悩んで頭だけ出して、覗いている方がいらっしゃるみたいだけどね。

☆彡

子供にお父さんの所に来てくれてありがとうと言ってしまったが、本当にこれ、縁なんだよね。 子供との縁。 夫婦もさ、愛だのなんだのとほざいているけど、縁がって一緒にいることを理解した方がいいな。 良くも悪くも自分が創造し、自分が創作したストーリーに素直に向かった方がいいんじゃないの?

☆彡

この世を創造した理由を自分に聞いてみたら、こんな答えだった。 それは、己が一人ではないということを分かろうとすること、己が意識を広げていった為、この世が出来た。 一人は多勢であった。 また多勢は一人に帰すだった。 他を諭すのではなく、己が悟るのだ。

己が悟ることは、その創造した意識に変化を及ぼすことになる。 ということでした。 夫婦なら相手が悪い云々を言う前に、己と向き合いなさいという事だろう。 他人が悪くなるのは、己が弱いから。 なんとなく、分かっちゃいるけど、、、なんだよね。 それが難しいんだよね。

それが出来ればさぁー、、、という声が聞こえてくるなぁー。笑。

☆彡

ふくろうさん… お釈迦様は無の場所に居て… サタンはまだ場所決まらず? いま、自分と向き合っている人達が向かってる場所?は お釈迦様の無の向こう側?になるんですか?まだ誰もいない誰も知らない場所? ふくろうさんが以前に言っていた 無の向こう側。。byあんず

これにお答えします。 大きな袋から飛び出し独立したのが釈迦(我々の大先輩)です。 釈迦は何もない無へ自分を置きました。 それはいかようになるかは、誰にも分からない。 多分、釈迦自身もどのようになるか未知数だと思います。 我々は今分岐点に立っています。

あるものは俗に言う5次元へ行こうとしている者。 この者達は現世にいる者達を更にサポートしようと決めた者達です。 そしてもう一方、俗に言う2次元(平面世界)へ行こうとする者は大きな袋に還ろうとしている者達です。 一度波長を整えつつ点へと向かいます。

そして大いなる我々の根源である袋に還るのです。 その還る者達の中でも極まれに釈迦に続こうとする者がいます。 その者達は個々に大宇宙を自らの意思に基づいて創造していくことでしょう。 サタンについては今ニューヨーク郊外で多分好青年で農に携わっているはずです。

この現世に残った者に対し、サタンはある試みをするのではないかと私は思うのです。 このサタンの行動は当然分かりません。 しかし、皆の御霊次第の動きになると思います。 サタンは大きな袋より抜け、現世に最後の行動の為、居るのだと思います。 吉と出るか凶と出るか。 皆さん次第です。

サタンの試みは分かりません。 進化をやめた者ではなく、我々は進化はしていない。 むしろ後退している。 幕引きの方法は私はやはり水だと思っています。 水は地震であり見時は火山です。 また水は一瞬にして消え去る事もある。

今の所あまりにも地震の意識を織り込み入れられてしまっているので、自分自ら引き起こしてしまうかもしれない。 だから以前にNHKは、、、というツイートだったのです。 善悪ではなく選択と言った方が適切かもしれません。 魂の進化を放棄した者ではなく、むしろ後退していることに気づいた者達は袋に還る。

ですから、残った者というのは気づかない者達。 そのまま気づかないと魂は消える事はありませんが、言わば冬眠状態になってしまい、大いなる袋も一時的に機能を失う状態になるかもしれません。

我々はある期間、閉ざされた空間に閉じ込められたようなもの。 自分自らがこの世界を創造で来たはずなのだが、ある思考領域を入れられた。 当然この世界は自分で創造していますが、言わば負の意識を入れられたのでその思惑の意識通りの世界を創ってしまった。

その為魂の進化は止み、むしろ後退してしまったのです。 それに気づいたものが魂の袋へ戻ろうとしているのです。 残った者は未だそれに気づかない者達。 魂の袋の根源を維持する為には、皆がそろわなければならない。 ゆえに還って袋を維持する者と、残りのものを導く者に分かれたというところでしょう。

しかし、還る者は十分に熟した者もあるので、袋から出ようとする者も現れるということです。 ここは魂は一つなのだが、また独立もしているという、ややこしい状態なのです。 これは考えるのではなく感じないといけない。 釈迦というのは、分かるまでじっと待っていてくれる者と思えばいいでしょう。

それに対しサタンは分からせようとする者と解釈した方がいいと思います。 サタンは行動派みたいな感じなので、邪悪な意識はその純なサタンを取り入れたいのですね。 そのサタンを相手に渡してはいけない。 だからみんな次第だよ、ということです。

☆彡

少しはやさしくなろうよ。 自分にやさしくなろうよ。 自分に厳しくなくたっていいよ。 結構自分はガンバッテいるはずさ。 そして、やさしさを相手に分けてあげようよ。 そんなあなたの顔はとても美しいはずだ。

☆彡

「明日はない。今日の事は今日終わらせて」と育って生きてきた40年。 そして、沖縄移住して10年。 いつも言われた「あっちゃやー」 それから、パラグアイに移住して8年目。 言われる言葉「マニャーナ(明日ね)」 沖縄から始まった20年近くの180度変わった人生。 「まぁいいか。明日ねー」に

☆彡

「あのね、お父さん、猫がね、こう言うの」 「お花さんがね、こうしてって」 「木を切らないで、かわいそうだよ」 この子供から私は沢山の事を教わる。 何と大人になった自分の醜くなったこと。 動物の言葉が分からなくなった。 何のために草花はあるのか。

大人になるということは心を無くするということだ。 私は子供からもう一度真の心を取り戻すことを教わった。

☆彡

ツイッター知らない文字入力出来ない旦那とかには、俺みたいにアカウントを作ってやればいいよ。 俺なんて「ツイッター?なんか若い奴らが2チャンみたいに(2チャンも大して知らない)カッコつけて何か投稿しているんだろう。暇人がやる遊び」 これがやる前の本当の感想。

やってみたら、思いのほかフォローしてくれるしイイネもくれる。 突然3500イイネもらって有頂天。 面白いじゃんか。 他の人も何書いているか見てみようー。ん、結構マジじゃねーか。 良く調べていやがるなーこいつら。 仕事やってるんか? が今に至ってます。

☆彡

マスメディア、戦争、テロ、地震、株式市場の上下も全て支配するための手段なんだと心得なければならない。 当然全世界のコロナでマスクと枠珍もである。 今は支配者層対奴隷の戦いだということも。 理解して情報を見た方がいいだろうな。

☆彡

魂(マブイ、沖縄方言)は進化しません。 透明から少しずつ色がついていくようなものです。 色が薄かったり濃かったり少し明るかったり暗かったりするだけです。 進化するのは支配層の刷り込みの言葉です。 むしろ我々にあるのは広がりです。

一点の色を紙に落とし、その色が広がる様に本物の絵を描く人は色を落としていくんです。 描くのではない。

☆彡

ゲートが閉まるとか言っているけど、それは時を認知させたい為なのか? 確かにこの12月は波長の高まりが最大になるとは思う。 しかし12月は12月ではない。 21日は21日ではない。 まして太陽暦は支配側の暦。 冬至というものを支配側の意識が創り上げている。

すなわち支配側の意識のドラマに取り込まれているということだ。 そこから抜け出せばよいだけ。 抜けるには自分のドラマを創ればいいだけだ。 自分を信じる事だ。 分かってる人ならなぜサタンの事を言わないのだろう? あと自分は創造主だと言っておいて、マンデラや星や月、太陽の異常を言わない。

何より大いなる袋を言わない。 何かおかしい。 私的にはこの大いなる袋は絶対に皆に知らせなければいけないことだと思うんだけどなぁ。

☆彡

我々の根源の袋というのは当然完成されたものです。 完成されたものは旅に出たがるもです。 そう、確かめる為にね。 レムリアは安定を軸に存在していました。 この安定こそが難しく、どこからか、ほころびが出てきました。 安定はあまりにも淡々とし過ぎたのです。

レムリアも数の理論にさらされることになります。 やはり安定を破る者が現れました。 安定を破った者は波長を変化させました。 それがうねりになり、色々なものが産み出されることになったのです。 今はその延長線上にありました。

このレムリアの人々はまだエネルギー体のみで存在していた時のお話です。 人は沢山の事を知りたがる。 しかし私たちの脳にはリミッターが付いている。 その波長域に合った所までの理解しかできないようになっている。 身体がついていけないからです。 波長が軽くなると身体も変化します。

あらゆるものを最小にもっていける身体に変化していくんです。 脳も当然、身体の一部ですから変化します。 その時リミッターもまた修正されていきます。 ある波長域に来ると身体が必要とされなくなります。 エネルギー体になるわけです。 今はとある波長域にいます。 この域は高低がある域なのです。

脳のリミッターのかかっているところが100kmの人々や120kmの人、80kmでリミッターがかかってしまう人。 まぁこれは自動車のスピードに例えた話ですがね。 80kmでリミッターが作動してしまう人は120kmのスピード経験がない為、事故を起こしやすくなる。

今人に伝えるのに難しいのが、そこなんです。 120kmの人に向かって話をしていても、80kmの人も聞いているわけです。 当然80kmの人には分からないのです。 ある波長域では輪廻を倫理として据え、ある領域まで達すると、その輪廻では全く説明がつかず、納得できなくなるのです。

身体自体も変化するので脳も変化するのです。 そこで輪廻ではない違うものをもってきて、納得しようとするわけですから、「輪廻みたいなものがある」「○○みたいなものがある」で今は納得すべきです。 ある領域においての答えであって、次の領域に行けばその答えは違うと言われたりするのです。

ですから、結論を言うと、答えがない。 そしてすべての答えは正しいになるのです。 我々は答えを求めてはいけないのです。 答えを求める事は波長を重くする行動だからです。 答えを求めないで分かる事を悟ると言い、その道程を悟りと言います。

この悟りと悟るを真反対に解釈しているものもありますが、これは私にはそう思えるのです。 釈迦は広い領域で解釈できるように説きました。 ですから、領域ごとに解釈が違ってくるのです。脳がパンクしない様に。 これからの人は悩み、苦しむことをしてはいけません。

受け入れる事を前提に生きていくべきだと私は解釈いたします。 波長が軽くなると今までとは全く異なった感情になってきますから、素直に受け入れる事です。 指導者とは人を導く者を言うのではなく、少しだけ波長が軽くなった者を言います。

皆も少しずつ波長が軽くなり、その時にその波長で理解しやすいように導く者をいうのです。 ですから、指導者は皆にすると少しだけ分からない事を言っているように思ってしまうんです。 理屈抜きで付いていくしかないんです。 完全なる者は完全を知る為、旅に出ました。

不完全から始まり、完全へ向かう旅です。完全を知る為。 あえて不完全を創り、知ろうとしているのです。 これが我々の人生だったのです。 始めから完全なものがあったのです。 ちなみによく何万年何周期というのがよく出てきますが、あれは全く意味がありません。

要は波長が重い世界は果ての果ての果ての永遠を理解できない為、有限理論を使っているだけです。

☆彡

続き→@koganemushiwa(ふくろうさん)のツイートまとめ13