ふくろうの知恵袋のひとりごと

ふくろうの知恵袋のひとりごと

「国民の命を守る」といいつつも「最初のコロナ対策費108兆円」を実際何に使ったのか分からない日本政府

ふくろうの知恵袋です。「国民の命を守る」と何度も安倍や政治家は言う。国民の命を守るのなら、日本国民に早く金をやってくれ。コロナで死ぬより自殺者で死ぬほうが多くなってくる危機が迫っているのだが、休業保障や国民にお金を毎月配るなど、支援策をしなければならない。国民に自粛要請するのならば、保障とセットでないと、成り立たない。
ふくろうの知恵袋のひとりごと

日本を駄目にした昭和○○年代産まれの人間たちに物申したい。

ふくろうの知恵袋です。未だに日本人は、マスコミ、テレビ、本だけを信じるのか?学者が言ってるから正しいのか?論文の9割が実は間違っているけれど、お金のために発表してるのが事実だと暴露している学者がいた。戦争が始まったら、実際に戦争に行って死んでいったのは一般人だけ。上のものは戦前には行かない。
ふくろうの知恵袋のひとりごと

数学の疑問。マイナスってほんとうに存在するのだろうか?

マリ、2-(-2)はいくつになる?
ふくろうの知恵袋のひとりごと

311前と同じような胸騒ぎと予知夢。

ふくろうの知恵袋です。2011年3月11日の東日本大震災が起こったあの日、俺は沖縄に住んでいた。沖縄へ移住した当初、自分で10年間は住むが、10年したらこの島を出て行くと決めていた。2011年がちょうど移住してから10年目にあたり、島を出て行こうと機会をうかがっていたのだが、周りに集まってくる者たちが、俺を解放しようとしてくれなくて、なかなか出て行けなかった。2011年3月11日の約2ヶ月前、沖縄県読谷の城があるのだが、そこに行ったときに「3本の竜巻が起こる」と城から声が聞こえてきた。
ふくろうの知恵袋のひとりごと

南米に移住して改めて思う【日本語がなぜ難しいのか】

ふくろうの知恵袋です。これはあくまで俺の意見だよ。60年間生きてきて、パラグアイに移住してきて、この常用語であるスペイン語や英語、そしてつくづく日本語について考えている。「日本語って難しい」って学者がよく言うが、何が難しいかというと、「日本語って心を読む言語」だよな、と。要するに、日本語を言葉として発するが、会話のうちの半分くらいは相手の心を読もうとしていないか?
ふくろうの知恵袋のひとりごと

日本衰退の原因とは?二流国家になった日本!【元経営者が答える】その2

わたしの知っている限りのことですが、こんな愚かな日本の企業がさらにお金に走ってしまうのだ。「金が儲かればいい」と。そうしたら前回書いたように「職人はいらない」「安い人件費があればいい」それを推し進めたのが小泉政権の時なのだ。
ふくろうの知恵袋のひとりごと

日本衰退の原因とは?二流国家になった日本!【元経営者が答える】その1

フクロウおじさんが今の日本の現状や行く末について書きます。ものづくり大国、ニッポン!経済大国日本!なんて言われていた日本国。しかし、現在の日本は二流、いや、国として衰退の一途をたどっています。そのことに日本人の皆さんはお気づきでしょうか?日本は平和どころか、かなり危険な環境の中で暮らしているというのをお気づきでしょうか?海外に住んでいると、日々、日本が沈んでいく姿を見てるのが辛い。。。